Tianオーナーが、一足先にこっそりお知らせしますv


by tian1761

<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

荷造り最中

なんの荷造りかというと、5月3日から5日まで名古屋で開催の
「ワールド・ミネラル・ジュエリー・フェアー」の出展の荷造りです~。

まだ終わっていないのだけど、休憩時間なので、
ちょっとお知らせがてら書き込みを。

開催場所は、名古屋、栄駅近くのナディア・パークの3階です。
名古屋や近辺の皆さま、Tianの綺麗どころを連れて参りますので、ぜひ遊びにいらしてくださいね!!

ちなみに入場は無料です。

お手伝いには、GIA(宝石鑑定の学校)の少し先輩に当たる名古屋の友人が来てくれる予定です。
彼女は宝石は専門だけど、あまり鉱物のことはわからないかもしれませんので、お手柔らかに。

でも、今回うちは原石ももちろんですが、アクセサリー系もいつもより多いかもしれません。
もう梱包されてしまったので、写真でのご紹介はできませんが、それは当日までのお楽しみとしてとっておいてください~。

私にとって名古屋は、ここ数ヶ月で急に縁の深まった所。
でも、名古屋生まれの友人も知らなかったところを
既に夢の中で訪れていたり、道に迷って出た所が徳川園だったり。
(ぢつは、私はどのような関係かは知りませんが、家康さんにご縁あり)

そんなご縁のできた名古屋に行くのは、とっても楽しみです。
店の方は、GWはお休みなしで営業していますので、こちらにも遊びにいらしてください~!
by tian1761 | 2008-04-30 18:46

ウエサクのこと

1年が経つのは、本当に早いこと。

昨年、京都の鞍馬寺で毎年5月の満月に行なわれる「ウエサク祭り」
と同じ日に、音妃さんのワーク・デビュタントとなった
Tianヴァージョンの「ウエサク祭り」を開催したのだけど、
なんだかまだ半年位しか経っていないような気がしていて、
のんびりとしていたら、もう来月が5月!!

音妃さんに慌てて連絡をして、昨年と同じクリスタル・ボウルの
プレーヤであるNadaさんと再度コラボをしていただくことに決定しました。
よかった、よかった。

詳細は、ウエサクの説明と共に、HPにアップしていますのでご覧くださいね。

昨日、アップした内容を本日変更しましたので、「もう昨日見た」という方も
ぜひ再度チェックしてみてください。

詳細を加えただけではなく、新たな企画も入りました。

毎月「madam Stemaの惑星術」として、TianのHPで「星座と石」
のリーディングを担当してくださっているマダム・ステマさんに、
この5月の満月のメッセージを
なんと!1人1人に対して読んでいただくことになりました。

ステマさんは人前には姿を見せないというお約束なので、
当日はいらっしゃいません。
ので、参加の皆様のお誕生日を事前に彼女に知らせて、
メッセージを用意していただきます。
(どうしても、生年月日を知らせたくない!という方以外対象ですが)

そのメッセージは、その場ですぐに読んでも、お家に戻ってからゆっくりと読んでも。

また音妃さんは、お1人ずつにその人のための「魂の歌」を歌ってくださいます。

こんな、スペシャルなメッセージが盛りだくさんです。
平日の夜ではありますが、ぜひ宇宙への通路が大きく開くこの夜に
ご参加いただければ嬉しいです。
by tian1761 | 2008-04-25 20:54

オプチカル・カルサイト

先日の日曜日、第1回目の「オプチカル・カルサイト・ワーク」が終了。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

このワークをHPに告知した当初は、「この3次元世界の見えていない、もう一つの二極性」を見つけて、この世界で見えている二極性と統合していくことが目標でした。

けれど、ワークの準備を進めていく内に、

『まずは「二極性」が、私達にとってどのように働いているのかを、しっかりと頭と感覚的で身につける』

ことが大切だし、ここがすっ飛んでいたり、理解しないままだと、統合する意味もなくなってしまう・・・・。


ということで、もちろん最終的な目標はそのまま、でも今回は「二極性」を学ぶことに的を絞るワークに変更。

タイトルも、

        「わたし」と「世界(あなた)」の関係性を知るワーク

と、なりました~。


まずは、「自分の位置」を知ることをやっていきます。
また同時に、「次元」(1次元、2次元・・・・の)の成り立ちも学んでいきます。

このことで、「私達の世界」と「自分」との関係性が見えてきます。
ここで、3次元感覚にいかに私達が囚われているかを理解します。

そう、私達は、石、エッセンス、オーラソーマ、などなど五感以上の世界を扱っていても、また宇宙や高次元を意識していても、結局は3次元トラップにはまってしまっているのです。

いわば、「3次元の思考では起きないブレークスルーを起こす」というこのワークの目的の一つなのですが、これがまた説明されて頭でわかっていても、真に理解するのに時間がかかるんですね~。

私がリサーチしたところ、オプチカル・カルサイトは、その3次元感覚を 「ふっ」 としたタイミングで外させてくれる石です。
これは、カルサイトを作る各元素Ca、C、O(カルシウム、炭素、酸素)の性質からもそう。


また、このオプチカル・カルサイトが一つあれば、「いつでも、どこでも3次元ブレークスルー・ワーク」が1人で手軽にできるのも楽しいです。     

あと最後にやった、オプチカル・カルサイトを2つ使った、パートナーシップのグリッドも、おもしろかったですね~。
オプチカル・カルサイトには、何通りかの使い方があって、それぞれで色々なものが見えてきます。

今回のワークは、「オプチカル・カルサイト・ワーク Ⅰ」として、その上級編としてⅡで「統合していくワーク」も開催していきたいと考えています。


このワーク、というより、私のワークは「感覚的」なものや「観念的」なことは、ほとんどでてきません。
むしろ、感覚的な事柄や現象をしっかりと解明していくタイプです。

なので、「天使」や「スピリット」がお好きな方は、きっと面白くないかと(笑)
いえ、それらの存在を否定しているのではありません。

もし、私のワークにその存在のお話が出る時は、「エネルギーとして感じましょう」「エネルギーを受け取りましょう」というスタイルでなく、はっきりと明確な形として提示するということです。

あと、幾何学とか数学的なこともたくさんでてきます。
本人が学生時代に勉強をさぼっていたので、汗かきながらの説明なのですが(笑)

宇宙の成り立ちのルールやエッセンスを真に知れば、誰もがこの現実世界で起こる事象すべてを根源から理解し、それが人生を生きていくことに最短で役に立つ。

つまり、根っこを押さえれば、末端の枝ぶりも良くなるし、花も毎日咲く。

と信じて始めたワークです。
石というものが、その際にとても役に立ってくれるのですが、特に石だけにこだわらないでやっていく予定。

また今後も、いくつかプログラムが用意されています。
このブログでは、いち早くお知らせすると思いますので、ご興味のある方はぜひごらんくださいね!


           
by tian1761 | 2008-04-23 19:07

CD入荷しました

f0155957_2258426.jpg
f0155957_22581973.jpg


昨年の「満月のワーク」や、この3月の「惑星のワーク」で、
天球の音を流れるようなメロディーとして降ろしてくれている、
ピアニストのRRYUさんのCDが入荷しました。

ワークの度にCDのお問い合わせをいただいたので、
うちでも置くことになりました。
あの時の感動や臨場感を、お家で思い出したり、シェアー
したい時にぜひどうぞ!

ただ、このように告知しておきながら大変申し訳ないのですが、
各CD2枚ずつのみの入荷です。

と、いうのも、FINDHORN SKETCHIESの方は、手持ちの在庫が
終了してしまい、新たに作り直さないとならないということです。

なので、最期の在庫2枚をTianで確保させていただきいました。
もし、CDのリクエストがたくさんあれば、新たに製作をしていただける
のでは???

現在は、これが最後のCDですので、ご購入を考えられて
いらっしゃる方はお早めにどうぞ~。
各、税込み3000円也。

ところで、このRRYUさんですが、初めてお会いしたのはまだ
Tianが中華街でお店を始めたばかりの頃ですから、9年くらい
前になります。

いくつかコラボで「クリスタルと音」のワークなどをやった後は、
しばらくはお会いするチャンスがなかったのですが、昨年のワークを
お願いした時には偶然にも休止していた音楽活動を再開されようと
していた時。

あ~、なんて偶然。
タイミングが合わなかったら、音妃さんとのコラボは実現しなかったん
ですよ~。

と、いうのも、それまでの3年間は、思うところがあって鍼灸の学校に
通われていたのです。
調度卒業された時に、ワークの話が出たんですね。よかった、よかった。

実は先日、モニターとしてRRYUさんの治療セッションを受けさせて
いただきました。
場所は、ワークに参加された方はご存知のRRYUさんのスタジオです。

彼のスタジオはさすがに音楽家だけあり、サウンド・システムは最高です。
その抜群の音質のバックミュージック (その時は、RRYU & 音妃の
スペシャル・バージョンの録音をかけていただきました。幸せモノです~)
を聴きながらのセッションなのです。

RRYUさんは双子座の方なので、さすがモノには詳しく、また好奇心
も強く、私が見たことのない体の各部分に合う周波数を出すという
シートを使っていました。
これは、そのパワーを増幅するための電池以外、電気を一切使わ
ないので電磁波の心配なしだそうです。

それに加え、紫外線を除いた太陽光線と同じ光りを発するものを足元から
浴びます。

「なんだか、博士の実験室みたい~~~!!」

と思いながらも、目を閉じて音に集中すると、ゴールドのさざ波に身体が
包まれ始め、

「おおっ、なんだ、こりゃ~?」

と最初はびっくりしたけど、流れを受け止めるようにしたら、全身が
セッションが終わるまでゴールドからホワイトの光りに包まれた感じ。

終わった後に感想を述べると

「やっぱりゴールドなんだ。ゴールドの色を意識して作った音なんだよね~」

とのこと。
ふ~ん、なるほど~~~。

この他にも、きちんと(笑)鍼灸師の治療も入り、終了後は久しぶりに身体
全体が調整された感じで、身体に軽さが出ていました。

まだ研究段階の治療のご様子でしたが、RRYUさん独自の治療に対する
将来的な計画の内容は、きっとこれからの先端の治療って、こういう方向
へ向かっていくのだろうな、と思わせる非常に興味深いものでした。

また正式に治療が始まるようになれば、今よりより完成されたものになっ
ていくでしょう。
音楽のみならず、*シンフォニック・メディスンも楽しみです。

*シンフォニック・メディスンは、RRYUさんのスタジオ及び会社の名前の
一部であり、治療法を指す呼び名ではありません
by tian1761 | 2008-04-10 23:44

春から女神の舞を

エジプトのギザと日本に住むベリーダンサー・スピリチュアル・ダンサーのNadjaさんのベリーダンスのワークショップが今月から内容がリニューアルされました。

       ☆★「女神と宇宙につながる神秘の踊り」☆★

巷でもベリーダンスの人気は相変わらずで、その勢いを落とさず。
ちなみに私も9ヶ月お休みしていたベリーダンスを再び始めようかと考え中。

ベリーダンスのムーブメントは、普段の生活で使わない動きなので、普通では使わない筋肉をたくさん使います。
Tianでも鍼灸・マッサージの治療を担当してくださっている「りーら」さんに、ダンス後の身体を診ていただくと

「子宮と子宮まわりの筋肉をすごく使っていますね。内ももの筋肉も使っていて、どちらも女性の身体の機能には良いものですね~。」

とのコメントをいただいたことがあります。

実際、以前習っていたべリーダンスのクラスのクラスメートが、次から次へと”お目でた”になることが続き、いかに女性の機能が上がっているかの証明を目の当たりにした感じ。

後は、生理痛が軽くなったり、治ったり、という声もよく聞く。
このようにホルモンのバランスが取れて、循環も良くなれば、当然

「女性らしさ」

も自然ににじみ出てきて、憧れのベリーダンサーのような

「雰囲気のあるオンナ」

になれるかも!!

★☆今月から始まるNadjaさんのベリーは、NadjaさんのスタジオにもないTianのためのオリジナル特別プログラム!
他のどこでも受けることはできませんのよ。(笑)

3ヶ月という期間を1クールに、私たちに宇宙のエネルギーを降ろしてくれる
「女神」の踊りをNadjaさんが降ろして、その振り付けとムーブメントを習うことができます。

もちろん、”魂から発する踊り”を伝えるNadjaさんのワークですから、通常のベリーダンスのクラスのように、振り付け100%ではありません。

その方一人一人の創造性を活かして、自由に踊ることも大切にしています。
でも、そんな中で、女神のようなきれいなポーズで1曲踊りが踊れることも素敵ですよね~。

4月からの最初の3ヶ月間、登場する女神は「ISHTAR」(イシュタル)。
豊かさ、癒し、智慧など、女性が持つ全ての面を象徴する「多次元の女神」。

最初の女神が「女性性」を表す神様で、どんな振り付けなのか楽しみです。


☆★ベリーダンスは、皆さんが始めるきっかけは、誰かのステージや
ダンスを観て

「素敵!私もあんな風に踊ってみたい!」

「あんなキレイなキラキラ衣装を着て、アラブのお姫様みたいな格好を一度はやってみたい!」

なんていうのが多いみたいです。
確かに、プロのベリーダンサーさんたちは、出で立ちといい、雰囲気といい女が憧れるオンナ前の方たちばかり。

それに、あのキラキラ衣装は、女子のコスプレ心をくすぐりますよね。(笑)

それで始めたベリーダンスなのに、普段と違う動きが中々できなくて諦めてしまったり、また通常のお教室はマイペースではやっていられないほど進みが早くてついていけなくなったり。

あとは、できない動きは自宅で練習するように言われたり、と厳しい面もあるし、あるいは、振り付けが優先なので、いざ自分で自由に踊るという場面で怖がってできなかったり・・・。

もちろん、これらの課題をこなしていけるなら、どこのお教室へ通っても大丈夫。
でも、もっと自分のペースで、個性を活かしたベリーをやりたいのなら、このNadjaさんのワークはお勧めですよ。

月2回開催で、単発での参加もOKです。
でもできたら、続けて参加されれば、来年に発表会をしてお披露目することも可。
ぜひ、春から女神のエネルギーで、自分の中にある「新たな女性」の発掘をしてみましょう!

◆4月12日(土) 「女神イシュタルの舞」
Nadja belly dance 13:00-14:45 5,000円
(当日、「急遽参加したい」という方、当日お支払いの方は、5,500円です。
その際、必ずTianへご一報下さい。)

レッスン終了後、ご希望の皆様にヒーリング個人セッションを行います
グラウンディング、癒しなど、個別に応じて必要な更に深いエネルギーを施して行きます

Nadja healing private session 
1 session 15分 3,000円  15:00~、15分単位 


◆4月26日(土) 「女神イシュタルの舞」
Nadja belly dance 14:00-15:45 5,000円
(当日、「急遽参加したい」という方、当日お支払いの方は、5,500円です。
その際、必ずTianへご一報下さい。)

レッスン終了後、ご希望の皆様にヒーリング個人セッションを行います
グラウンディング、癒しなど、個別に応じて必要な更に深いエネルギーを施して行きます

Nadja healing private session 
1 session 15分 3,000円  16:00~、15分単位 
by tian1761 | 2008-04-07 08:27

桜の花の下で想うこと

今日は自分のお休みの日。
今日で桜も終りかな?と思い、外人墓地から丘の上を通り桜やその他の花を愛でつつ散歩してみた。

f0155957_2335064.jpg


普段は店の中にいるから、こうやって時間を作らないと中々近所の季節の顔が見れなかったりする。

今日はある目的地あっての散歩だったのだが、そこに向かう途中にある
山手カソリック教会の前を通った時、いつも閉ざされているはずの扉が
大きく開かれているのに気がついた。

たまたまだったのかもしれないけれど、ここのところ教会の中へ入ろうとしても、鍵が掛かっていたり、特別のミサだかで中に入れなかったりと、
ご縁のない日が多かったたのに、珍しい・・・。

このようなご招待はきちんとお受けしよう (笑) と思い中へ入ると、正面に白いキリストの像が見えて、一瞬だけど胸に感動がこみ上げてくる。

okuちゃん曰く、

「オーナー、その昔、厳しい修道院長さまだったことあったでしょ!?
それもベネディクト会とかの~~~!」

そうそう、過去で修道院にいたって感覚がす~こくあって、それもどうやら、とっても厳しい人だったみたい(笑) 
そのせいか、今世の私はクリスチャンではないのだけれど、なぜか
「キリスト」という存在への特別な想いがある。

今日は偶然に中へ何年か振りで入ったのだけど、調度来る道筋で拾ったきれいな5つの花弁がそろっている桜の花で、ちょっとしたリチュアルをしてみた。
内容は秘密だけど、桜の花びらの「5」という数字に掛けて、キリストさまにアファメーションをした感じかな。

その後お庭に出ると、普通の桜の木や、しだれ桜が満開で、その桜の下に白いマリア像が立っていた。
この教会が建てられた時、フランスから持ってきたものらしいので約150年横浜を見守ってくださっていることになる。

このマリア像は、一見「ウロボロスの蛇」に見える蛇を踏みしめ、「月」の上に立っているのに気がついた。

ウロボロスの蛇とは、古代の象徴で、自らの尾を噛んで環になったヘビの姿を絵にしたもの。
みずからの尾を食べることで

「始まりも終わりも無い完全なもの」

としての象徴的意味を持つ。

またキリスト教では、環は内側と外側を作り内と外という境界を作るため、ウロボロスは物質世界の限界を象徴するものとされたそう。
ヘビ自体は、脱皮して大きく成長するさまから、「死と再生」「の象徴とされる。

つまりキリスト教的に言えば、ウロボロスも普通の蛇も、
「死と再生を繰り返す私たち人間という、物質世界に封じ込められた存在」を象徴しているということ、なのか?

マリアに踏まれた蛇は、その口から自らの尾を外していた。
そして、もう一つの象徴は「月」をも、その足で踏んでいるところ。

宇宙は「始まりもなく、終わりもない」サイクルを持っていて、
そのサイクルは私たちの地球という層にも同じように働いている。

けれども、私たちの地球のレベルに降りてきている、というより
私たちがキャッチできる範囲の現象は、その宇宙の源のオリジナルとは
異なったカタチとして解釈されてしまっている。

月は、マテリアル (物質として見えるもの) 全てを創造していく。
月の上に立つマリアは、やがていつか太陽であるキリストを孕む。
その時に、環状の蛇は自らの環の内側と外側とを一つにし、「境界のある世界」から脱皮するのかもしれない。

********************************************
先日出来上がって、HPにアップしたばかりの、ぷらいすさんの「牡羊座の新月のアクセサリー」の中から、「Mother Mary」とタイトルのついたストラップを購入させていただいた。
(ちなみに、ぷらいすさんのアクセサリーには社員価格はありませんよ~。)

今までも何度か彼女の作ったアクセサリーを買おうかな?と思ったことはあるのだけれど、いつも考えている内に ”売り切れ御免” になってしまっていた。

ご縁のある方の所へ行くようになっているから、私の所へは来なかったのだけど、今回の牡羊座のアクセサリーは前回の魚座のに比べて、
皆さんの注文の入り方が遅かったせいもあり、ご縁をいただき購入させていただいた。

このストラップは、イエロー・アンバーとグリーン・アンバーに金色のパーツが付いていて、やはり金色の十字架に掛けられたキリストのチャームが付いている。
タイトルは「Mother Mary」なんだけどね(笑)

ぷらいすさんの解釈とは別に、このストラップを見た時に「ゴールド」
の光り、それもただキラキラと純金の金箔のような金色でなく
もっと深遠な所から届く光りで、

「常にメラメラと燃えている炎ような光りの中に、金色に輝くキリストの姿が浮かび上がる」

そんなイマジネーションが浮び、それは今日訪れたマリア像の下で
受けたイメージの

「マリアがやがてキリストを孕み、キリストの意識が私たちの前に姿を現す」

ものとシンクロしている。


このストラップの前に使っていたのは、以前のスタッフが作っていたもので、アマゾナイトやクォーツと共に、私が自らフランスの聖地「ル・ピュイ」の聖堂で買ってきたオメダイが付いたもの。

そういえば、あのオメダイって、聖ベネディクトの姿が彫られたオメダイだった。(爆)

そろそろ、厳しかった修道院長さまの過去世とはお別れかしら?(笑)
by tian1761 | 2008-04-01 23:57