Tianオーナーが、一足先にこっそりお知らせしますv


by tian1761

早速、流れがやってきました

『 タロットを習ってみたいと思うのですが・・・・ 』

というリクエストを昔からのお客様にいただきました。

『 さて、今私の知っている中で、これっ!というタロットを教えてくれている人って

いないんだな~~~ 』

と思っていたところ、

『 タロットのワークとスクールをTianさんで開催したいのですが・・・・ 』

というメールが1週間後にやってきた!!037.gif

f0155957_2201669.jpg



これは何かのご縁かしら、と思い、早速その方にお会いしてお話をきいて、その

タロットの体験をしてみました・・・・・、おおっ、オモシロイ!!049.gif

そのタロットは、1986年に James Wanless(ジェームズ・ワンレス)さんにより

作られたもの。 単なる占いのツールではなく、未来を自分が創り出すための

新しいツールとして開発されたタロット、『 ボイジャー・タロット 』
f0155957_2243244.jpg

開発者Jamesさん、いい感じですね↑

http://voyagertarot.com/
YOUTUBE  http://www.youtube.com/watch?v=EwXT1DwWqpo
f0155957_2159878.jpg



ボイジャーというネーミングは、地球から一番遠くに達した探査船の名前から取ったとか。

現在も火星を通過し、現在も貴重な画像を地球に届け続けながら宇宙を旅しています。

f0155957_21594763.jpg


人間は素晴らしい可能性を秘めた小宇宙。

宇宙船ボイジャー号のように、ボイジャーカードも私たちの中に眠る無限の可能性を探査し、

目覚めさせる、ネーミングにはそんな思いが込められているんですって。






私が魅かれたのは、カードのリーディングだけでなく、そのデザインもある。

表も素敵なのだけど、裏表紙には人のDNAの断面図を電子顕微鏡で見たものがデザイン

されているんです。DNAは私のワークでもよく出てくるキーワードだけど、ここには個人

と個人を越えたすべての記憶、歴史、宇宙の叡智が秘められています。

f0155957_2235092.jpg


ボイジャーカードはすべてを知っているDNAから情報を引き出すコミュニケーション

ツールなので、この写真を使っているそうです。





今回、このタロットのワークとスクールを担当してくださるラティーシャ・たか子さんによると

①直感に響きやすいカード

タロットを十分に勉強していなくても、インスピレーションが感じやすいものとなっています。

また、カードを感じることで、自分の直感を磨くツールともなっています。



②別名クリスタルタロットともいわれる
タロットの中世のエネルギーを一掃するために、小アルカナの剣、カップ、コイン、杖を、

クリスタル、カップ、ワールド、ワンド(杖)と変えてあります。

剣を美しいクリスタルに変えたことから、別名、クリスタルタロットとも呼ばれています。

また、コインという物質の象徴をワールドとし、より大きな象徴としています。



③カードの背表紙の意味
背表紙には、人のDNAを電子顕微鏡で見た断面図を配しています。人のからだの中の

小宇宙。人の無限の可能性を象徴し、答えを内側から導き出すという、意味合いも含まれ

ている。



④フォーチュン クリエイト
従来のタロットのように上下を読みません。物事は一つ。ポジティブもネガティブも、こうしよう

という方向付けでいかようにも変えられる。そういった思いがこめられています。

f0155957_225956.jpg





まずは、6月12日に行なわれるワークで、このカードのことを知っていただき、体験をして

いただこうかと企画中です!そのあと、7月から3回のクラスのスクールが始まります。

もっと学びたい方は、ぜひスクールにもご参加くださいませ。3回のクラスが終わると、自分

のリーディングは皆さんできるようになっている、という嬉しいコメントをいただいてますよ。

日時の詳細が決まり次第、またブログやHPでお知らせしますね



『 あなたの引いた一枚のカードから、
 
 あなたのボイジャーストーリーが始まります 』

[PR]
by tian1761 | 2011-05-26 22:34