Tianオーナーが、一足先にこっそりお知らせしますv


by tian1761

木星話し

明日は黒い石のワーク。
土曜日やはりご都合の悪い方も多く、また今回は開催の2週間前の告知
だったため「出たいのに~~~」という声の多かった・・・・。
大切なワークでもあるし、また「黒い石を知るワーク」としてリフォームして
来年にまた開催してみようかと考えています。

その時には、早めにお知らせいたしますので、ご興味ある方はぜひご参加
くださいね。

さて、私は来週早々にミュンヘンに買い付けに出かけます。
昨年は行かなかったので1年ぶり。さて、どんな石たちとめぐり合えるのか
もう今から楽しみです!
ですので、今日でこのブログも11月入って少しするまでお休みです~。

今日は、来週アップ予定の木星のスターキャッチャーに合わせて、おもしろ
木星話を。木星は宇宙の中でも天文学的にわかっているだけでも、いくつ
かの興味深い働きをしています。
f0155957_16492648.jpg

たとえば、「木星は地球の守護天使、幸運の星」という話。

木星の重力は、太陽系外部から来る彗星など天体の衝突から、木星の
内側にある地球などを守る役割をしているそう。
木星の次の惑星は土星ですが、この土星は私たちにとって厳しさや努力
を強いてくる星だし、また土星以降のトランスサタニアンと呼ばれる惑星
は天王星、海王星、冥王星となにやら地球の次元を超えた感じのエネル
ギー。

なんだか、高い次元の意識からのショックを直接受けないように、一度
外部宇宙からの情報やエネルギー波などを受け止め、その衝撃から守る
ように働いてくれている地球にとって大天使ミカエルのような守護の存在
なのかも。
あるいは、まだ自立できない子供を守るおかーさん?(笑)


「木星は太陽系の法を司る」

この宇宙で太陽系が作られていた段階で、微惑星や原始惑星の多くが
木星の重力により、太陽の近くを通る軌道へ送り込まれるか、または太陽
系外へ放り出されるものと振り分けられていたらしい。

「あんたはこっちで太陽の周りを回ってなさい。」
「あんたは内側では危険だから外、外」
とか言って、原初の宇宙で太陽系の天体をその公正な眼差しでジャッジし
て役割を決めていたのかしら?(笑)

そして、私たちの地球にある水は、このような振り分けされた天体が原始
の地球に降り注ぐことでできたと考えられているんですって。
その水の中からやがては人間という生命が生まれたのだし、人間の体の
70%の水もこれらの天体から降り注がれたのだと考えると、木星は地球と
生命の誕生に深く関わりがあることになる~。
f0155957_16595961.jpg

「木星は更正教育者」

通りすがりの彗星を引き寄せ、12年間自分の衛星にした後、何事もなかっ
たように放出していた現象が60年前に起こっていた!これは今後も起こる
可能性が計算されているとか。
ちなみに60年前に引き込まれた彗星は日本人の科学者の発見のもので
「串田・村松彗星」。現在は木星と火星のあいだで太陽の周りを公転して
いる。

なんだか、どこへ行くのか方向性も失った存在(彗星)をとっ捕まえて、12
年間自分の弟子入りをさせて教育をし、更生したところで手放した彗星が
きちんと太陽の周りを周回する彗星に変わった・・・・ってストーリーなのか
!?

木星、おもしろ過ぎます~~~。
木星の公転周期も12年、彗星の更生期間(?)も12年。
60年前に彗星の誘拐(笑)が起こった、その60も12の5倍。
12っていう数は地球的な数だから、やはり木星と地球の関係って私たち
が知っているよりずっと深いものがあるのかも!
[PR]
by tian1761 | 2009-10-23 17:07