Tianオーナーが、一足先にこっそりお知らせしますv


by tian1761

<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

小さい人と大きな未来

今日は前スタッフのokuちゃんが、5月に産まれたばかりの赤ちゃん
涼介くんを連れてご来店。
Tianのある元町の氏神さまの厳島神社にも、夏越の大祓えのための
茅の輪が建てられているので無病息災を願い潜りに来た帰りに寄って
くれました。
f0155957_20312070.jpg

↑元町・厳島神社の茅の輪


歌手のリア・ディゾンとokuちゃんの子供は同じ時期に産まれていて、
昨日の記事で「リア・ディゾンが産後初めてマスコミの前に現われた」
と書いてあったので、okuちゃんもそろそろ出かけられる頃なんだな
~~~、なんて思っていたところ。

いやぁ~、小さな人は可愛いですね~。

「ほらほら、石がいっぱいあるよ~~~」

と石を見せてあげたら、目がまだよく見えていないのだけど、赤や青は
識別しやすいということ。
ぷらいすさんの蟹座のブレスレットにちょうど赤サンゴとトルコ石が使わ
れていたので、それを目の前に持っていくと母曰く「他のものより反応
する」らしい。

「離さなかったら、これお買上げ???」

と心配する両親を横目に、涼介くんの手にそっと持たせてみると、何だか
ご機嫌だぞ。(笑)
将来のお客さまは今から育てないとねっ!!(笑)
f0155957_20322227.jpg



ちょっと前に占星術でお世話になっている若夏さんと話していて、今の
20代の人たちはドラゴン・テール牡牛座の力が効いていて、家庭を作る
ことや家族を持つこと、物質的に多くは望まなくとも安定している状態を
選ぶ傾向が出ている。

なので、物質と逆の世界、スピリチュアル(う~、早く死語にならんかな~)
や石の世界などに深く関わったり、そこから「きづき」を得たりするチャン
スも今までの世代より少なくなる。

でも、今産まれてきている世代の子供たちが20代になると、生まれながら
に自然に物質的でないものの理解や直感が深かったり、優れているため
再び石などが注目されるであろうという星周りになっている。

20年後かぁ~、Tianはどんなになっているんでしょうね?
その頃は、子供店長さんとかが普通だったりして。(笑)
将来が楽しみになってきたかも!
[PR]
by tian1761 | 2009-06-30 20:49
明日の6月30日は、神社の鳥居前に茅の輪が建てられ、それを
8の字に潜り抜け、半年の間についた穢れを祓う「夏越の大祓え
(なごしのおおはらえ)」が行われます。
f0155957_1433491.jpg

茅の輪は8の字に潜り抜けるのですが、これは天に向かって
インフィニティの形を描くことになります。
また、茅の輪は2本の竹の間に位置していて、輪を潜り左右にある
竹という柱を周ることで、「創造の父と母」という2つの宇宙の柱を
私達自身が永遠を表す8の字で結んでいくことになります。

ということは、その行為を天から神という存在が見届けてくれている
、宇宙が証人になってくれるわけですね。

大祓えは6月30日と12月31日の年2回行われますが、人間的
心理から、新年から半分が終わる時期と一年の終わりに穢れを祓
いたいために偶然この時期に決められたわけではないのですよ~。

もし私たちがかつてのように天体、特に地球、月、太陽の運行や
関係性に完全にシンクロナイズして意識的に生きていたら、6月から
7月への移行が精神的にも肉体的にも難しさがあることに自然に
気が付くはずです。
f0155957_14362241.jpg

だいたい6月は体調を崩す人が多いのも、梅雨と重なっているから
だけではありません。

天体の動きはイコール宇宙そのものの動き。その流れの中でも、
6から7と12から13(次の新たな1、翌年の1月)へ季節やモノゴトの
進みが差し掛かる時、ある種の困難さが現れてきます。
困難さはなぜ現れるのか?石に関わって人生を学ばれたり、石と共
に生きてこられている方なら経験したり見聞きしたことがあるかもしれ
ませんが、新しい今より高い段階に移るためには、そのままで通過で
きず、新たな気持ちや決意を持ったり、自分の意図や目的を見つめ
直したりと仕切り直しをする時期が必ずあります。

同じやり方や考え方だと通らなくなる時期は、より一層自分自身や
計画を深めていける見直しと飛躍のチャンス。

だから、半年分の古くなってしまったパターンを一掃まではいかなく
ても、心を浄めることでよりスムーズな流れを作るのがこの夏の
大祓えだと思います。

もちろん、半年分のイライラや怒りなどのネガティブなものを落とす
ことも目的!!
そして、その感情にくっついてきている余計な自分以外のものを取り
払うのも大切。

なので、出来る方は明日は早起きして通勤、通学途中の神社や近所
の神社(本来は産土神社・うぶすなじんじゃ)に行って、いろいろなリセ
ットのために茅の輪潜りをするもよいかもしれません。
時間がなければ、朝のシャワーをリセットを意識しながら浴びてもOK。
f0155957_14484954.jpg

朝に何もできなかったとしても大丈夫。
7月に時が変わる前、寝る前にでも浄化系の香りを焚いて、例えば
フランキンセンスのアロマを焚いたり、ヌーエッセンスならプリフィケー
ションを焚いて、年越しの大祓えまでの半年のために、しっかりとリセッ
トをかけておいてみてください。

アロマもヌーエッセンスもないよ~~~(笑)、という方は「リセット」
に焦点を置いて選んだ自分の石や、気になる石をお供にしてみて
くださいね。
[PR]
by tian1761 | 2009-06-29 14:49

Heavenly Blueの石

f0155957_1938872.jpg

青はあらゆる色彩の中で、最も物質から遠い色。
青い色は、私たちが生きている現実の世界と正反対の物質でない
世界の色。
6月を終えて7月に向かうこの時期に、青い石に焦点を当ててみた。

ダビデの六芒星の魔術は、あなたの本当のカタチを隠してしまう
鏡の魔法。

もし、世界の本当の姿を知りたければ、不思議の国のアリスになって
鏡の向こう側に飛び込まないとダメ。
でも飛び込む時には、少しばかりのお約束ごとがある。「青」という色
を身に付けることがお約束。

細かいのだけど、その色にも決まりがあって、ラピスラズリやサファイ
アのような濃紺ではなくて、ディズニーのアリスが着ていたような明る
い「ヘウ"ンリー・ブルー」でなくては鏡の国のゲートは開かない。

でも、鏡の国にたどり着くには、アリスがウサギを追って穴へ落ちる
ほどのショックはいらない。

なぜなら、どこか自分の外側を探さなくても鏡の国は自分の中に見つ
かるから。この世界を生み出す謎が自分の中にあることを、本で読んで
知っているだけや、そう誰かに言われて信じるのでなく、体感して腑に
落ちるようにしていくこと、しっかりと全ての細胞にそのことを伝えること。

アリスが体験した摩訶不思議な世界は、すべての大元は幾重にも重な
る波の動きであり、その波たちの動きは私たちの固定したマテリアルな
世界とは全く違う「すべてが自由」というルールを持っていることの比喩
の物語。

そう、なんでもありなのです。
なんでもありな中から「ここ」って無意識にピックアップして決められた
のがあなた自身であり、あなたの姿(肉体)であり、仕事であり家族etc


あなたの自由度をより広げるために、6(6月)から7(7月)へとより自由
に変わる変わり目に、青い石を探してみました。
鏡の国行き切符のためのヘウ"ンリー・ブルーの石たちは、明日27日に
アップ予定です。
f0155957_19383014.jpg

[PR]
by tian1761 | 2009-06-26 19:39

Tianの夏至の1日

今日の関東地方は朝から雨。
もし晴れていたら、森林公園の5本の木が五角形に配置されている
場所で、音妃さんと「夏至の日に何かやろ~~~」と計画を立てて
いたけど、この雨・・・・。

場所を開店前のTianに移して、外の雨の音を聞きながら2人きりでの
ワーク。
雨の降る午前中の元町でのワークも中々のもの。
このワークでは進行をしたのが私だったので、そのお礼にと終わった後、
音妃さんから夏至の日に合わせた歌のプレゼントが!

結構な雨の量だったにも関わらず、金色の太陽の光がどこからともなく
泉のように溢れ出し、店の中いっぱいに広がったイメージ。
改めて、声の威力ってすごいですね~。

その後に、夏至のレメディー・ドリンクで、1年に1度の、そして今年の
ちょっと特別な夏至を祝いました。

夏至の日は、日光の強さという意味でなく、太陽が1年で最も長くでて
いるという意味で太陽のエネルギーが一番高まる日とされています。
なので、この日は男性性のエネルギーが最も強くなる時。

その一方では太陽がかに座に入り、かに座の支配星の月の女性性の
エネルギーが獅子座になるまで続く時期。
かに座は「母」をキーワードに持つのだけど、今日は父の日でもあるの
です。

つまり、今日の夏至の日は、色々な意味で「男性性と女性性」という
異なる二つの流れや性質のブレンドされる日。
その上ホロスコープ・チャートでは、結婚やパートナーを表す7ハウス
に男性の象徴の「火星」と女性の象徴の「金星」がバッチリ重なってい
ます。 今日は正に、バランシングの日だったのかも。

そんな今日、ご来店のお客さまにはTian特製の夏至のドリンクを楽しん
でいただきました。
自分で言うのも何ですが、結構おいしく出来たと思います。(笑)
私も音妃さんも、そしてのんちゃんもお酒は強くなくてあまり量は飲め
ないけど、ホンノリ甘くて、のど越しが良く、スルスルと飲めてしまう。
でも、酔っ払ってはいないですよ(笑)

その効果なのか、音妃さんにコメディアンの才能があるのを発見(爆)
でもオトさん、一人でボケてつっこむのは止めてください(笑)
f0155957_21435345.jpg

[PR]
by tian1761 | 2009-06-21 21:44

明日は夏至

f0155957_14384062.jpg

明日の夏至に備えて、ただいま「夏至のスペシャル・ドリンク」を
仕込み中。
これは、ワインを使用しているので、お酒の弱い方はほんの一口
飲まれるだけでも良いと思います。

用意するのは、赤ワイン。今回は、フランスのローヌ地方のオーガニック
ワインを使用。コルクを開けると、モモや杏のような甘くてフルーティーな
香りが広がり、いかにもおいしそう!

そこに、オークの葉、ゴールデンパイプ、プライム・ローズを漬け込み
24時間置きます。植物は、カモミールと赤いバラでも代用可。
そして最後の仕上げに、ハニーを加えて出来上がり。

夏至の日のエッセンスを含んでいるので、レメディーでもあり、夏至を祝う
お酒でもあるのです。
で、そもそも何でオークの葉を使うのかというと、それはドルイドを象徴する
植物だから。

ドルイドとは、ブリタニア(イギリス)とガリア(フランスを中心とするヨーロ
ッパ)におけるケルト民族の最高神官のこと。
ドルイドという名称の由来は、Daru-vid(オークの賢者)という意味で、
vidはサンスクリット語のvedaと同源だそう。

神聖なドルイドは神殿などを持たず、また天体の良く見える地を選び、
森の奥に隠遁して自然から宇宙の秘奥を知る賢者であり、木々や植物、
音楽、天球の動きなどに通暁する賢者でもあった。

ドルイドの教えとは、

「物質と霊魂は永遠であり、宇宙の実態は水と火が交互に支配する現象
の絶え間ない変動の下でも普遍なり」

であり、その原理に基づき、特にオークの木の下で儀式を執り行っていた
と伝えられている。

ただ単に、自然の中でひっそりと宗教を執り行っていただけでなく、ストー
ンヘンジやコンウォール地方に点在するドルイドのストーンサークルなど
の巨石の配置は、現代の科学で証明されている天体の運行や距離などを
正確に表していると言われ、彼らの持っていた宇宙観はかなり深遠なもの
だったよう。

そんなドルイドは、特に春分、夏至、秋分、冬至といった1年の四季の移り
変わりの時期を人間が宇宙に戻るための重要な日と決めていたよう。
今年はなんだか夏至がいつもよりとても重要なポイントの気がしてならず、
イギリスにも縁の深いこの元町のTianにご来店なさる方たちと一緒にエッ
センスをドリンクという形でシェアーしたいな、と思ったのでした。

店頭にはぷらいすさんの新月アクセサリーも並んでいます。
この機会にぜひ明日、夏至を祝いにいらしてくださいね!
[PR]
by tian1761 | 2009-06-20 14:42
本日は野口みずほさんの第1回目の「数秘学&数秘術」のセッションが
無事終了。

大人気で全部ご予約が埋まり、受けられた方たちは皆さん「楽しかった」
と口々に言われて帰っていかれました。

野口さんの方も、「楽しくやらせていただきました」とにこやかにおっしゃっ
ていて、受ける方もやる側も共に楽しいセッションていいな~,
と思いました。

数秘学・数秘術は、数字という確実なツールで読んでいくため、本当に
明確な答えが出るところが、「そういうことだったのね、受けてすっきり」
につながるのだと思います。

このセッションにご来店された皆さんと、野口さんの楽しそうなエネルギー
で、店内も何だか活気がみなぎっていて、素敵な一日でした~。
f0155957_20595439.jpg


さて、この日曜日は夏至。
Tianでは、ドルイドに古くから伝わる伝統的な飲み物を作ろうかと
思っています。
ドルイドなので、もちろんオークの葉を使い、夏至ならではのスペシャル・
レメディーです。

オーク(樫)の葉は夏至の日に最も活力が溢れ、太陽のエネルギーを
たくさん中に取り入れるため、ドルイドでは太陽の象徴とされています。
そのオークの葉を使って、夏至のエッセンスを取り入れるように作るのが
このドリンクだそう。

21日の夏至の日にご来店された方に、ご希望であればもれなくお出しい
たします。
皆で楽しく、夏至の日を祝いましょう!!

お天気は曇りや雨ばかりで冴えないけれど、元町公園やイギリス館の
辺りの木々や植物は実を付けたり、花を咲かせたりで確実に夏に向かって
いること知らされます。
f0155957_21195641.jpg


元町公園は今のように整備される前は、結構な森でした。
今でも、プールの脇を通り弓道場をぐるりと廻るコースは、その頃の雰囲気
を保っていて、一瞬森の中にいるかのような深い空気に触れられます。

紫陽花も満開で、散歩するにもちょうどよい頃合。
ぜひ夏至の日に、リフレッシュされに元町とTianにいらしてくださいね。
f0155957_21262790.jpg

[PR]
by tian1761 | 2009-06-18 21:29

夏至の前に

f0155957_2213541.jpg

夏至の前に自分を浄化、というわけでもないのだけど、ずっと前から
受けたかった個人セッションに先週行ってきました。

今年に入ってから出てきたテーマが

「自分の肉体を自分に取り戻す」

そのテーマが決まったすぐ後に、夢である強烈なヴィジョンを見た。
夢の中という無意識の世界で、実はいろいろなことが起こっているんだ
ということが目の当たりに見えた体験だった。

で、そのシーンは、決して自分にとってステキな体験ではなかったの
だが、

「もしかして、私の肉体はきちんと自分のものになっていない???」

という緊急のメッセージを投げかけて、気がつかせてくれた。
そして、今回タイミングもあってセッションを受けることに。

セッションの間に、私が何かを感じたり、見たりということはなかったし、
何が行なわれているのかも全然わからなかった。
でも、やっていた方は、

「こんなに面白い、そして明確にヒーリングが起こるセッション、
めったにない~!」

と、楽しんでいたみたい(笑)

結果としては、私の感が当たっていてようで、余計なものを体から取り
除いてもらったので、めでたし、めでたし。

夢の中って実は、色々な契約がなされていて、目が覚めたときには全く
覚えていないので日常生活を今まで通りに生きているのだけど、気がつ
いていない所で変化が起こっているもの。

それは、日常のレベルでは、誰かと縁ができること、友人になるきっかけ、
仕事の選択や結婚の相手という個人レベルから、社会や世界全体という
マクロなレベルまで様々。

自分が気がついてからわかったけど、体調の不調や病気の症状なども
夢の中の契約による場合がある。
こんなこと言うと、おちおち寝てもいられないのだけど、おちおち寝ないで
できれば寝る前に夢の中で自分が行くところ、体験すること、また行かな
いところを宣言しておく位の注意があってもいいかも・・・・って思ってしまう。

日常に起こることや自分の体調は、無意識の世界と必ずリンクしている
から同じパターンが繰り返されたり、同じ不調のレベルにすぐ戻るなら、
それらは自分の本質や守護の存在からのシグナルと受取って、注意して
観察すること。

そこに、そんな契約に負けない自分の意思が加われば、必ず何らかの
解決の方法に縁ができるはず。
このセッションでないとだめ、とか、効かないなどというものはない。
その人、その人によって、レメディーが合うか合わないのかと同じように
ピッタリの解決法がやってくる。

今回のセッションの間に、セッションを誘導し指示する存在がやってきて
いたそうで、その存在に

「この後に、自然の中へ連れていくこと。それもこのセッションの
一環だから」

と伝えられたそうで、セッションが終わった後は車で1時間半移動して
岐阜の山へ行ってきました。

なんだか久しぶりに日本の自然の中に行ったな~~~。
偶然見つけた、小さいながらも美しい瀧をご神体とした神社や、
「きらきらさん」
と呼ばれている光みたいな存在がいるという奥長良川の源流などなど。

何種類もの鳥や蝶、魚が行く先々で姿を現し、ギフトがたくさん詰まった
セッションで浄化され、チャージされてきました。
さて、今年はどんな夏至を迎えられるか、楽しみ!
[PR]
by tian1761 | 2009-06-15 22:21

数の神秘で幸運をつかむ

f0155957_21135692.jpg

           ↑優しい雰囲気の野口さんが担当

今月の18日から始まる、野口みずほさんの数秘学・数秘術・カード
リィーディング。
そののモニターを受けさせていただきました。
数秘のセッションを受けるのは初めて。

「自分が生まれた時に持ってきた数字というものの神秘性が明らかに
されるのねっ!」

と思うと、ちょっとドキドキするもんです。
でも、知りたくないことはなく、むしろ知りたい!
どんな運命をもって生まれてきていて、それをどのように生きていけば
いいのかがわかるんですもの。

自分の誕生日や名前って、生まれた時にある程度固定した基本的に変
わらない自分の人生のパターンを持っている、と思います。
でも、それを知るには読み解いてくれる人が必要ですよね。
それが、この野口さんです。

今日は、新しく始まるセッションのおおまかな流れや、どんなことがわかる
のかなどをお話していきます。


まず、数秘学と数秘術とは、微妙に内容が異なるそうです。
野口さんは、その両方を使い、プラス、カード・リィーディングもしていきます。

まず数秘学で生年月日の数字から、「過去世から引き継いだ得意な分野」
、「現在持ち合わせている資質」、そして「苦手な分野」を見ていきます。

マスターナンバーやカルマナンバーなどとも組み合わせて、基本的な性格
や持っている資質、人生の方向性がわかるそうです。
また「運命のサイクル」という、今年の自分は一体サイクルの中のどこにい
るのかを教えてもらえるため、本当は動かずに静かに過ごす年なのに事業
を始めたり、新しい仕事を探したりして運気と違う行動を起こしてうまく進ま
ないなんてこともなくなりますね。

去年や来年、再来年の運気もわかるので、何か計画をしている時には
かなり強い味方。

一方の数秘術では、名前の数からだす数字で見ていくそうです。
こちらは、天命や魂の持っている使命がわかります。
その上、

「これは知っておく価値があるな~」

と思ったのが年齢区分で分けた転機の時期や各年代ごとに起こりうる
事柄やテーマがわかる人生の期間別のリーディング。

人生を4区分に分けて、その時期によるテーマや試練などを見てくれます。
4区分の年齢は人によって異なり、これも計算によって出していくそう。

この数秘学と数秘術を組み合わせ、尚且つカードも引いて、どんどんと奥
深くリーディングを進めていくんです。

Tianで行うセッションは30分枠のミニ・セッションになるため質問や知りた
い事柄に関してサクッと集中的、かつ的確なリーディングをしてもらえます。

今一体自分がサイクルのどの辺にいるのかって知りたい時ありますよね。
今まではうまく事が運んでいたのに、何だか壁でもあるかのように物事が
進まなかったり。
新しいことを計画しているけど、それに対していつアクションを起こしたら
よいのか明確な答えがほしい!!

そんな時期が来ていたら、ぜひ一度自分の持って生まれた数字の持つ
メッセージからヒントを得ていきませんか?

野口さん自身も、昨年位まで体調が優れず行動が起こせなかったこと、
今までの人生の中での転機の時期や試練などが、数秘で出すと時期が
ピッタリなので驚いたとか。

それで、ご自身のご家族や義理の父母、親戚なども調べたら、表から見た
だけではわからない人間関係の意味などもぴったり合っていて、とても
理解できて役に立ったそう。

恋愛の相性やパートナーシップ、人間関係の相性などもわかるそうです。
実際に彼女のクライアントさんも、リピートでご家族の分のカウンセリング
もお願いに来ている方が多いとか。

エネルギー的なセッションとはまた違う、実際面でのはっきりとした答えを
数字で出していくこのセッション。
野口さんのご好意により、当初設定されていた金額よりグンとお安く設定
し直していただき、とても受けやすい金額になっています。

こちらは、Tianの店頭でのセッションになり、飛び込みでも受けられます
が、予約を優先とさせていただきます。

ぜひ、皆様も一度この機会に受けてみてくださいね。

『誕生数秘学・数秘術 & チャネリングカードリーディング』

日時:6月18日(木)、6月27日(土)
   いずれも、12:30スタートで最終受付18:30。1セッション30分、
   10分ずつの延長、最大20分まで可。

料金:3,000円(10分延長1,000円)

場所:Tian元町の店頭

お問合せ:Tianまで
[PR]
by tian1761 | 2009-06-08 21:27