Tianオーナーが、一足先にこっそりお知らせしますv


by tian1761

こんな様子でした

今日は、水の旅のご報告の間に、先日の10周年イベントの時の様子を
お知らせしようと思います。
まずは、25,26日の昼の部の様子から、写真で紹介していきますね。
f0155957_20212990.jpg

↑会場で展示されていた、水晶画家・AKIRAの最新作「鳳凰と太陽」
 実はこれは、AKIRAの妹さんの会社に納める予定の絵。収める予定
 が延びたため今回会場に展示してもらいました。
 「太陽の絵を描きたかったのに、自分の求めている太陽が描けずに数
 年が経っていたが、この絵を描いた時に初めて求めていた太陽が描
 けた」By AKIRA

このイベントに急遽参加された熊本・阿蘇からのお客様が、新たに太陽の
絵をご注文なさり十二姫神シリーズ以来の、シリーズ作「太陽の絵」が
出来上がりそうな予感。姫神シリーズがそうだったように、太陽の絵が日本
の中の必要な場に行くのでしょう。 
古い女性の魂を持つ12の女神たちが行くべきところに収まった4年後に、
今度は太陽が新しい働きのために現われたのかもしれません。
f0155957_20323238.jpg

f0155957_2036332.jpg

↑AKIRAとドリーン・バーチュのカードにも使われた「アマテラス」の絵。
 このアマテラスの絵は、実は十二姫神を描き終えた後に完成した13
 番目の女神なのだそう。この13人目の女神が、ヨーロッパやアメリカで
 は「アマテラス」として有名になっているというのだから不思議。

 もうイベントの翌々日には、梱包されてスペインのプラド国立美術館へと
 送られてしまったので、多分このイベントが国内で最後の展示になった
 かも!
 今月には、この姫が「アマテラス」としてスペインで公開されるわけです。
 12の姫神を統合する13番目の姫神の絵が、日本の象徴でもある神とし
 て海外でお披露目されるその不思議さ。

 AKIRAは、自分の絵が紀子さまのところへ紀子さまのご学友を通して嫁
 いでいったり、周りに天皇家の関係者がいたり、そもそも最初に絵を描く
 きっかけになった夢にも「育たなかった天皇家の子供」が出てきたり、
 天孫に関する事柄の多い人。

 姫神シリーズも、そしてこれから完成されるであろう「太陽」も、日本代表
 であるアマテラスを象徴しているのかな?
f0155957_20514831.jpg

↑石とフラワーエッセンスのワークを担当したKuniちゃん。
 自分や知り合いの体験を交えたお話は分かりやすく、石とエッセンスの
 使い方の違いや、一緒に使う時の自分の意識の向け方など、ためになる
 情報がたくさん。実際、会場でもエッセンスを試せて楽しめましたね。

f0155957_20563244.jpg

f0155957_20575468.jpg

↑26日に行なわれた、マントラのワーク
 最初は慣れなかった人も、最後には「音妃ハトホル聖歌隊」のような美し
 い響きでマントラを発声でき、終わった後は皆さんのエネルギーが軽く、
 透明感が増していたのが印象的。とても素敵な音魂でした。

次回はまた、旅の報告の合間に26日、夜のダンス&コンサートの模様を
お伝えする予定です。お楽しみに!
[PR]
by tian1761 | 2009-08-04 21:10